木床の部屋

調湿性に優れている

道具を片付ける

塗り壁には、漆喰や珪藻土などありますが、その値段は業者や職人などによって異なります。平均5千円から2万5千円程度です。優れた調湿性をもっているので呼吸する壁といわれています。

Read More...

傾向と歴史

完成する家

外壁などの際にサイディングなどの外壁ではなく、モルタル仕上げなどによる塗り壁を行う人も多くなってきています。昔はでこぼこといったムラのない塗り方が主流でしたが現代ではあえてでこぼことさせるのが流行っています。

Read More...

準備しておくこと

泥まみれで仕事する

防犯のためにもインターホンの交換を行っておきませんか?録画機能のついた製品も登場しているためチェックしておきましょう。

アンテナ工事は突貫工事のようなものです

アンテナもパラボラアンテナと、一戸建ての屋根に取り付けてある地上波用のアンテナがありますが、我が家は20年目目にしてこの地上波用のアンテナが映らなくなりました。 こういう時は何時も電化製品に関する修理やLED取り付けなどでお願いしている近くの電気屋さんにアンテナ工事はお願いするのが一番と思い来てもらいました。 「どんな事でも喜んで」がモットーのこの電気屋さんはアンテナ工事は業者さんと提携 していて、業者のスケジュールと在庫の確認で一旦お店に帰りましたが1時間ほどで電話をくれて「本日出来ます。また在庫も確認できました」との事でした。 アンテナ工事の見積もりはアンテナ代金と取り付け工事代金込みで9万円でした。 しかし既に14;00前で、夕刻までに終わらなければ暗くなってしまい、本日は途中で終了となってしまうため、急いで取り掛かってもらいました。そのままではTVが観られなくなってしまうため、早めに終われるか確認をしましたが大丈夫との事でした。結局すぐアンテナ工事に取り掛かることにしました。

事前に天井裏上り口を調べて部屋をかたずけて置く

アンテナの屋根に上り取り付けを行う際には、さほどの時間は要しませんが、問題は配線を各部屋を回り綺麗に配置する事です。 先ず前回の工事は天井裏に業者さんが潜って、各部屋にケーブルを落としましたので、同様に屋根のアンテナ線から引いたケーブルを屋根裏に入り込み七転八倒して部屋に配置するために徘徊し出入りします。 プライバシーも何もありません。 せめて時間的余裕を持ってことに当たれば娘の部屋や女房の部屋は事前に片付けておけたのにと思いました。 信用がおける業者さんだからこそできることですが、初めての業者さんに全てを受け入れて各部屋を歩き回られてはいい気分はしません。 其れとアンテナにバッテリーが付いていて普通はアンテナの本体と一緒に付いているそうですが、前回の業者さんが気を利かせて天井のどこかに設置して有るが分からなかったということでした。 こう言った情報も普段付き合いをして居る個人商店だからこそのメリットだと思います。結局、きちんと6 時過ぎに終わり予定通りの工事でした。

トレンドについて

ヘルメットをとる男性

外壁塗装をはやく終えてほしいと考えている人は、それ相応の業者に依頼することが大切です。平均2週間で終えますが、範囲や職人によってはより短い期間で終えてもらうこともできます。

Read More...